【クアラルンプール】 ヒシャムディン・フセイン外相は、中国政府が科興控股生物技術(シノバック・バイオテック)製の新型コロナウイルス「Covid-19」ワクチン50万本をマレーシアに供与すると発表した。

同相は、今回の供与はタイムリーであり、現在進行中のワクチン接種プログラムの強化に役立つと感謝を表明した。

現在、集団免疫の獲得のためにワクチン接種が急がれており、7月以降1日当たり20万人、8月以降は30万人以上の接種が目標として掲げられている。 (エッジ、東方日報、6月16日)



【日本留学経験者のご紹介から人事・労務のご相談まで弊社へお任せ下さい!】

スポンサードリンク