【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 井村屋グループ(本社・三重県津市)は、同社の主力製品である「あずきバー」3品をマレーシアで9月に発売開始すると発表した。同社にとり創業から48年間で初めての海外での現地生産・販売となる。

同社は、マレーシアを東南アジア諸国連合(ASEAN)市場のゲートウェイとして最適と考え、井村屋マレーシアを2019年に設立。マレーシア国内のアイスクリーム市場進出に向けた準備を進めてきた。

マレーシア市場に投入する商品は、「あずきバー」シリーズの特長を生かしつつ、マレーシア向けに完全ローカライズ。人口の約60%を占めるイスラム教徒も考慮してハラル(イスラム教徒向け)認証を取得している原材料を使用し、甘さや食感なども現地の嗜好に合わせた。

「あずきバー」も、マレーシア・イスラム開発局(JAKIM)のハラル認証を取得。井村屋の伝統製法であずきを丁寧に炊き上げ、あずき本来の味わいを楽しめる「あずき」、風味豊かな宇治抹茶をたっぷり使用した抹茶ラテアイスとあずきが織りなす、上質な味を楽しめる「抹茶」、日本でも人気のあるクリーミーなミルクアイスとあずきのコンビネーションを楽しめる「ミルク」3種から成る。内容量は各70ミリリットル。価格はオープン価格となっている。

 



【日本留学経験者のご紹介から人事・労務のご相談まで弊社へお任せ下さい!】

スポンサードリンク