【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】  統計局の発表によると、2020年のマレーシアの国内総生産(GDP)成長率はマイナス5.6%となった。各州、連邦直轄地のGDP成長率のうち、マイナス5.6%を上回ったのは▽ラブアン(マイナス0.5%)▽クランタン(マイナス1.1%)▽ケダ(マイナス1.7%)▽ペナン(マイナス2.1%)▽ペラ(マイナス2.3%)▽ネグリ・センビラン(マイナス3.6%)▽ジョホール(マイナス4.6%)▽セランゴール(マイナス5.3%)ーーの8カ所だった。
最もGDP成長率が低下したのは、サバでマイナス9.5%となった。それに▽クアラルンプール(KL、マイナス7.5%)▽サラワク(マイナス7.1%)▽ペルリス(マイナス6.1%)▽パハン(マイナス5.9%)▽マラッカ(マイナス5.9%)▽トレンガヌ(マイナス5.7%)ーーが続いた。
6州・連邦直轄地が72.1%(前年72.3%)の貢献をした。貢献度が最も高かったのはセランゴールで、24.3%に上った。それに▽KL(16.1%)▽ジョホール(9.5%)▽サラワク(9.5%)▽ペナン(6.9%)▽サバ(5.8%)ーーが続いた。
2020年の消費者物価指数(CPI=2010年を100として算出)はマイナス1.2%で、全ての州・連邦直轄地で下がった。最も低下したのはマラッカとサバ・ラブアンでマイナス1.9%だった。その一方でセランゴール、プトラジャヤ、KLはマイナス0.6%と最も低下率が低かった。



【日本留学経験者のご紹介から人事・労務のご相談まで弊社へお任せ下さい!】

スポンサードリンク