【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 16日に辞任したムヒディン•ヤシン首相の後任争いは、連立与党のイスマイル・サブリ・ヤアコブ前副首相(統一マレー国民組織=UMNO総裁補)と野党連合・希望同盟(PH)を率いるアンワル•イブラヒム元副首相の一騎打ちの容相を呈している。

連立与党は、共闘相手であり最大党派であるUMNOの支持を得るためサブリ氏を統一候補として推す方向で調整を続けている。

UMNOを含む国民戦線(BN)構成党は、サブリ氏を推すことですでに合意している。UMNOのアハマド・ザヒド・ハミディ総裁(元副首相)は辞退したという。現在BNの議席は42議席で、このうち38議席をUMNOが占める。

与党連合・国民同盟(PN、50議席)の正式発表はまだだが、サブリ氏支持を発表する見通し。またPNと共闘関係にあるサラワク政党連合(GPS、18議席)も名前は明かしていないが、PNが推す候補を支援する意向を示している。

サブリ氏側は親PNの諸派・無所属をあわせると114—115人がサブリ氏支持にまわると見積もっている。ただサブリ氏に批判的な者は同じUMNO党内にも少なくなく、計算通りの支持が得られるかどうかは不透明だ。

一方、野党連合・希望同盟(PH、88議席)は、アンワル人民正義党(PKR)党首を推すことで一致しており、PHと連携するサバ遺産党(ワリサン、8議席)、祖国戦士党(ペジュアン、4議席)などを加えると105人がアンワル氏支持の見通しだと主張している。

PHはこれに無所属議員や与党側からの寝返りによる上乗せを期待しているが、ペジュアンのマハティール•モハマド会長(前首相)などアンワル氏に批判的な者は野党側にも少なくなく、野党が一致してアンワル氏を支持する体制をつくれるかは不透明な情勢だ。



【日本留学経験者のご紹介から人事・労務のご相談まで弊社へお任せ下さい!】

スポンサードリンク