【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】  統計局の発表によると、2019ー2020年の1歳以上の人口は3,210万人で、うち1.5%(48万4,100人)が移住した。2018年の前回調査の1.6%より下降した。
89.6%が国内での移住(2018年は89.3%)で、海外からの移住者は10.4%(同10.7%)だった。国内移住者のうち、約3分の2となる65.2%(同68.1%)が同じ州内・地域での移住、34.8%(同31.9%)が州外へ移住した。
他州からの転居者が最も増加したのはジョホール州で、1万1,900人が流入した。また他州への流出人数が最も多かったのはクアラルンプールで、1万6,100人が他の地域に転居した。
移動の理由として最も多かったのは「家族とともに引っ越すため」で45.3%だった。2018年の44.2%より上昇した。その他は、「キャリア形成のため」が23.6%、「より良い環境を求めて」が22.3%、「結婚・離婚のため」が4.2%、「教育のため」が3.1%だった。



【日本留学経験者のご紹介から人事・労務のご相談まで弊社へお任せ下さい!】

スポンサードリンク