【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 イスマイル・サブリ・ヤアコブ前副首相が21日に王宮で宣誓を行ない、マレーシア第9代首相に就任した。
ムヒディン・ヤシン首相の辞任後、アブドラ国王の求めに従い下院議会(定数222)議員全員が推薦する次期首相名を提出。過半数の114人がサブリ氏を推薦。国王は最終的に114人全員と面談して意思を再確認し、サブリ氏の過半数獲得を承認した。
サブリ氏支持の内訳は、サブリ氏が総裁補を務める統一マレー国民組織(UMNO)が37人、ムヒディン氏が党首を務める統一プリブミ党(PPBM)が31人、汎マレーシア・イスラム党(PAS)が18人、サラワク政党連合(GPS)が18人——などとなっている。
過半数とはいえ安定多数には程遠く、与党第一党のUMNOでも支持は37人にとどまっており、喫緊の課題である新型コロナウイルス「Covid-19」対策や経済復興対策に向けて与党内の結束を保っていくためには難しい舵取りが求められる。
サブリ首相は22日に就任初のテレビ演説を行ない、国民を一つの「マレーの家族」と表現。国民を救うために協力するよう議員全員に呼び掛け、野党にも国家復興評議会(MHN)や新型コロナ特別対策班への参加を求めた。



【日本留学経験者のご紹介から人事・労務のご相談まで弊社へお任せ下さい!】

スポンサードリンク