【プトラジャヤ=マレーシアBIZナビ】 新型コロナウイルス「Covid-19」ワクチン接種完了率が21日、成人人口の80%を越えた。
マレーシア政府は、「全国新型コロナ予防接種プログラム(NCIP)」の下で10月までに、成人人口の80%に予防接種を終えるという目標を掲げていたが、前倒しで達成した。
イスマイル・サブリ・ヤアコブ首相は、ツイッターに「おめでとう。21日正午に80%を達成した」と投稿。またカイリー・ジャマルディン保健相も「まだワクチン接種をしていない残り20%の国民が、ワクチン接種を終えられるように努める」とツイートした。
政府による新型コロナ関連情報の提供ウェブサイト「コビドナウ(Covidnow)」によると、21日午後11時59分時点で、ワクチン接種を終えたのは1,878万6,636人。全人口のワクチン接種率は57.5%となった。68.0%となる2,222万3,652人が1回目のワクチンを終えているという。



【日本留学経験者のご紹介から人事・労務のご相談まで弊社へお任せ下さい!】

スポンサードリンク