【クアラルンプール】  国家復興計画(NRP)の各州における段階が見直されたことを受け、第3フェーズに指定替えとなったパハン州のゲンティン・ハイランドやマラッカ州の観光施設が10月1日付けで再開された。但し州を跨いだ移動まだが認められていないため、州民のみに訪問・利用が制限される。
第3フェーズに移行することを受け、ゲンティン・ハイランドでカジノリゾートを運営するゲンティン・マレーシアは、「リゾート・ワールド・ゲンティン」の営業を再開すると発表した。利用できるのはワクチン接種を完了した人だけで、標準的運用手順(SOP)の順守が求められる。ゲンティン・ハイランドはティオマン島と共に、ランカウイに続く「トラベルバブル」指定候補地とされていたが、実施が見送られていた。
マラッカ州政府も、州民を対象に博物館や動物園、アートギャラリーなどの観光施設を再開すると発表した。
州観光・遺産・文化委員会のムハンマド・ジャイラニ・カミス議長によると、通常の収容能力の50%を上限とし、マスク着用や社会的距離をとることなどが求められる。
ポジティブとしてリストされている観光施設だけでなく、エンターテインメントクラブやナイトクラブのようにネガティブとしてリストされている観光施設も含まれる。
(ベルナマ通信、エッジ、9月30日)



【日本留学経験者のご紹介から人事・労務のご相談まで弊社へお任せ下さい!】

スポンサードリンク