【クアラルンプール】 今年2回目の財政政策委員会会合が開催され、財務省担当者が現在の経済、財務状態、中期的見通しについて説明した。経済は来年、回復が期待できるという。国際通貨基金(IMF)は6.0%、世界銀行は5.8%の経済成長率を予想している。
会合には財務省、首相府(経済担当)の大臣のほか、財務次官、経済企画局長、中央銀行総裁が出席。イスマリ・サブリ・ヤアコブ首相が議長を務めた。
財務省の説明によると、マレーシアは開かれた経済体のため、世界経済、特に主要貿易相手国の経済動向に大いに左右されるが、世界経済は回復が見込まれており、これに伴い国内経済も持ち直しが期待できる。
政策面では、店内飲食や観光の許容など、国家復興計画に基づく経済部門の開放で経済の先行きは明るさが見えており、また4、5月の経済が拡大したように、景気対策も効果があったという。
(ベルナマ通信、マレー・メイル、9月30日)



【日本留学経験者のご紹介から人事・労務のご相談まで弊社へお任せ下さい!】

スポンサードリンク