【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 スズキ車の販売代理店、ナザ・イースタン・モータースは、第4世代の小型スポーツ車(SUV)「ジムニー」をマレーシア市場に投入した。国民車メーカー、プロトン・ホールディングスとの販売代理契約の終了以来、今年、5年ぶりにマレーシア市場復帰してから2車種目となる。
「ジムニー」は日本からの完全輸入車(CBU)で、排気量1.5リットルの「K15B型エンジン」を搭載。トランスミッションは4速のオートマチック・トランスミッション。最大出力100hp/6,000rpm、最大トルク130Nm/4,000rpmとなっている。
ボディカラーは▽キネティック・イエロー▽ジャングル・グリーン▽ブルーイッシュ・ブラック▽グレーーーの4色を揃える。安全面ではABS(アンチロック・ブレーキ・システム)、ブレーキ・アシスト、スタビリティ・コントロールなどが搭載されている。売上・サービス税(SST)の50%減免措置(12月31日までが期限)が適用された価格は16万8,900リンギ(保険なし)。3年間もしくは走行距離10万キロメートルまでの保証が付く。



【日本留学経験者のご紹介から人事・労務のご相談まで弊社へお任せ下さい!】

スポンサードリンク