【クアラルンプール】イスマイル・サブリ・ヤアコブ首相は4日、国内インフラの拡充について閣議決定を行ったと発表した。具体的には、パン・ボルネオ高速道路(LPB)とMRT(大量高速輸送)3号線の推進、洪水対策プロジェクトへの予算増を行う。
LPBについては5年間で367キロメートル分の追加工事19件を実施する。LPBサバ州工区第1期の現状の進捗は52%で2024年10月には完工予定、786キロメートルのサラワク工区第1期の進捗は78%。サラワク工区を補完するためにサラワク・サバ接続道路(SSLR)とボルネオ横断道路プロジェクトの実施も行うという。
MRT3号線はクアラルンプールの住宅街や商業エリアを結ぶ総延長約50キロメートルの環状線で、高架と地下が混在し、新設する駅は31駅の予定。鉄道開発のMRTコープがプロジェクトを担当している。事業資金不足の懸念から無期限延期されていたが、昨年8月に再開が決定された。しかし、政府の承認待ちで再開が遅れていた。
また、第12次マレーシア計画(12MP、対象期間:2021 25年)で当初年間10億リンギとされていた洪水対策プロジェクトへの予算を、2023年から2030年にかけ追加で150億リンギ割り当てる。昨年末から発生している洪水被害を受けて決定された。
イスマイル首相はマレー半島、サバ、サラワクで大規模インフラプロジェクトを実施することは、経済開発を促進し、国家の競争力と国民の幸福に貢献すると述べた。
(ザ・スター、3月5日、エッジ、マレーシアン・リザーブ、ニュー・ストレーツ・タイムズ、3月4日)



【日本留学経験者のご紹介から人事・労務のご相談まで弊社へお任せ下さい!】

スポンサードリンク