【ペタリンジャヤ】 サンドイッチのファストフード・チェーンを世界展開する米サブウェイは9日、飲食店チェーン運営のペガコーンと新たにマスターフランチャイズ契約を締結したと発表した。向こう10年間でマレー半島全域での500店舗新設を目指す。
ペガコーンは2019年からサブウェイのフランチャイズ・パートナーとなっている。今後は、空港、病院、ガソリンスタンド、コンビニなど、従来とは異なる立地へも出店を行なっていく。ドライブスルーや作り置きによる持ち帰りの迅速化など、消費者の利便性向上も図る。
サブウェイにとって今回の提携は、インドネシアとタイでのマスターフランチャイズ契約に続き、東南アジアにおける3番目の提携となる。アジア太平洋地域での店舗数を今後5年間で現在の約3,300店舗から6,000店舗まで倍増させる計画だ。
サブウェイのジョン・チッドセイ最高経営責任者(CEO)は、アジア太平洋および東南アジアの市場は、サブウェイに大きな成長機会を提供しており、国際成長戦略にとって不可欠だと言明。ペガコーンは、マレーシアでの展開に必要な洞察力と経験を持ち、豊富な人材と戦略により成功を収めていると述べた。
(ザ・サン、5月11日、ベルナマ通信、5月10日)



【日本留学経験者のご紹介から人事・労務のご相談まで弊社へお任せ下さい!】

スポンサードリンク