【クアラルンプール】 ハラル開発公社(HDC)は、今年のハラル(イスラムの戒律に則った)製品の輸出高が、新型コロナウイルス「Covid-19」感染拡大前の420億リンギを上回るとの予想を示した。
ハイロル・アリフェン・サハリ最高責任者(CEO)は、今年の第1四半期の輸出高が、前年同期比100%増となったと明らかにした。この勢いが年末まで続いた場合、コロナ感染拡大前の水準を上回ると予想。コロナ流行中は、ハラル経済の回復には少なくとも3年以上はかかると予想していたが、予想よりも早く回復しているようだとした。
通産省のノラズマン・アヨブ副事務局長(産業担当)によると、昨年のハラル製品の輸出高は363億リンギで、前年比で19%増加した。構成比は食品・飲料が176.4億リンギで最も多く、それに▽ハラル原材料が134.9億リンギ▽化粧品・パーソナルケアが24.4億リンギ▽ヤシ油誘導体が17.1億リンギ▽工業用化学薬品が7.5億リンギ▽医薬品が2.8億リンギーーの順となった。昨年は、シンガポールを抜いて中国が最大の輸出先となった。日本は3位、米国が4位、インドネシアが5位だった。
HDCは、零細中小企業(MSMEs)のハラル製品の売り上げを20ー30%増加させるためのキャンペーンを実施している。これまでアラブ首長国連邦(UAE)系の「ルル」、タイ系の「ロータスズ」(旧テスコ)と協業で実施したが、今後は食事宅配サービスの「フードパンダ」と協力する予定だ。
(ベルナマ通信、フリー・マレーシア・トゥデー、エッジ、5月27日)



【日本留学経験者のご紹介から人事・労務のご相談まで弊社へお任せ下さい!】

スポンサードリンク