【ペタリンジャヤ】 道路交通局(JPJ)は、ロックダウンのため更新猶予が設けられている全ての自動車免許について、9月30日までに更新手続きを終えなければならず、猶予期間の延長はしないと発表した。
JPJによると、▽運転免許証(CDL)▽自動車許可証(LKM、道路税)▽物品運転免許証(GDL)▽公共輸送機関(PSV)ーー免許のいずれもが対象となるという。道路税の更新ができない場合は、自動車保険の更新を行ない、路上で警察官から要求があった場合に自動車保険の保険証書(Eカバーノート)を提示する必要がある。
猶予期間は9月30日に終了し、JPJによる違反取締は10月1日以降に開始される。JPJは道路税に関して、MySIKAP(https://public.jpj.gov.my/public/login.zul)あるいはMyeg(https://www.myeg.com.my/からオンラインで更新を行うよう呼びかけている。オンラインでの手続きが難しい場合、予約の上、JPJ窓口での手続きも可能。8月9日からは郵便サービスのポス・マレーシアの全国650以上の支店でも道路税の支払いが可能となる。
一方、サバ州マレーシア華人協会(MCA)は、多くの運転者が9月30日までに免許を更新できない可能性を危惧し、連邦政府に対しJPJ窓口開設を早めるよう訴えている。ルー・イェントン会長は、州内から「9月30日までの窓口予約が取れない」という苦情を多数受けていると述べた。予約が取れたものの、来年5月になってしまった人もいるという。同氏は、新型コロナウイルス「Covid-19」の感染拡大による苦難を強いられている国民に対し、さらなる負担を強いてはならないと強調した。
(ザ・スター電子版、8月4日)



【日本留学経験者のご紹介から人事・労務のご相談まで弊社へお任せ下さい!】

スポンサードリンク