【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 安定多数には程遠い不安定な中で船出したイスマイル・サブリ・ヤアコブ新政権にとって、いかに連立与党内を纏めあげるかが喫緊の課題。9月には国会での信任投票を控えており、今週中にも決定する閣僚人事が最初の関門となる。

イスマイル・サブリ新内閣には、第一に新型コロナウイルス「Covid-19」対策や経済復興策の実施が求められている。それを実行するための閣僚の人事を決定するにあたっては、信任投票を念頭に連立与党内の微妙なバランスへの配慮が求められる。

イスマイル・サブリ新首相が総裁補を務める統一マレー国民組織(UMNO)は37議席を保有し与党第一党となっているが、党内にはイスマイル氏に批判的な勢力も根強い。ムヒディン•ヤシン前首相の統一プリブミ党(PPBM)も31議席の勢力を背景に副首相ポストを要求しており、受け入れられなければ関係悪化は避けられない。副首相ポストについては、18議席をもつサラワク政党連合(GPS)も狙っている。

一方、野党側は与野党の協力体制を希望するアブドラ国王やイスマイル・サブリ新首相の発言を背景に、政策への積極的な提言・関与を求めていくと同時に、野党勢力の結集を図って政権奪回に向けた準備を進める構えだ。

野党連合・希望同盟(PH)は25日、連立与党に対抗するための野党大同団結に向けた会議の開催を野党各党に呼び掛ける声明を発表した。野党会議では野党大同団結の進め方のほかイスマイル・サブリ新首相に対する不信任決議などについても話し合うとみられる。

その一方でPH構成3党のトップは、イスマイル・サブリ新首相と会談。新型コロナ対策や経済復興政策に関する意見調整を行い、行政のチェック機能を高めるために議会機能を強化することで合意した。会談にはPHを率いるアンワル•イブラヒム元副首相(人民正義党=PKR党首)、民主行動党(DAP)のリム・グアンエン書記長、国民信任党(Amanah)のモハマド・サブ党首が参加した。



【日本留学経験者のご紹介から人事・労務のご相談まで弊社へお任せ下さい!】

スポンサードリンク