【ペタリンジャヤ】 ヒシャムディン・フセイン上級相(国防相)は、8日付けでジョホール州が国家復興計画(NRP)の第2フェーズから第3フェーズに移行すると発表した。パハン州も同日第3フェーズから第4フェーズに移行する。
ワクチン接種完了と標準的運用手順(SOP)厳守を条件とした規制緩和も行われる。具体的には、9日付けで、▽卸売市場の営業時間延長(地方自治体の免許に基づく時間帯での営業を許可)▽寺院・協会での結納・挙式▽質店の公開オークション(認定競売業者54社のみ、毎月1日と7日の30分間限定、第2フェーズでは従業員の定員60%まで、入札者定員50%まで、第3フェーズでは従業員・入札者とも定員80%まで、第4フェーズでは定員100%)▽たばこ部門の営業再開(第2フェーズ以降)ーーが可能となる。SOP詳細は、ウェブサイト(www.mkn.gov.my)から入手できる。
同相は、SNSでのハッシュタグ「#ReopeningSafely」(安全に再開する)についても取り上げ、現状に満足するのではなく、今後も新型コロナウイルス「Covid-19」と共存しつつ生活していくことを認識すべきだと強調。規制緩和が行われても、引き続きSOPを厳守し、自分自身を守るよう国民に呼びかけた。
(フリー・マレーシア・トゥデー、マレー・メイル、10月5日)



【日本留学経験者のご紹介から人事・労務のご相談まで弊社へお任せ下さい!】

スポンサードリンク