【クアラルンプール】 エコノミストは、原油の値上がりでマレーシアは軽度のインフレ圧力にさらされるが、スタグフレーション(景気停滞下のインフレ)にはならないと予想している。
政府系金融機関MIDFのイムラン・ヤシン調査部長は、オクタン価95のガソリン(RON95)価格がリットル2.05リンギに統制されており、原油値上がりの物価への影響は緩和されると述べた。
石油輸出国機構(OPEC)とロシアなど非加盟の主要産油国でつくるOPECプラスが、原油生産を増やす可能性もあるという。
マレーシア科学技術大学のジェフリー・ウィリアムズ教授は、ガソリン価格統制以外に、石油輸出国であるマレーシアは原油値上がりで利益を得る点も考慮すべきと述べた。
原油価格が1バレル42米ドルだった時、政府は石油関連収入を379億リンギと見積もったが、現在価格はほぼ2倍のため、収入増は確実で増税の必要性は減るという。
(マレーシアン・リザーブ、10月6日)

 



【日本留学経験者のご紹介から人事・労務のご相談まで弊社へお任せ下さい!】

スポンサードリンク