【クアラルンプール】 保健省のノール・ヒシャム事務次官は11日、新型コロナウイルス「Covid-19」感染症の状況は改善しつつあり、エンデミック(風土病)の段階に入ろうとしていると発表した。
1日あたりの新規感染者数、クラスター数、病院の稼働率がすべて減少しており、ワクチン接種率も向上していることから改善は明らかだとした。感染症週報の第34週(8月22日 28日)以降、新規感染者数、アクティブ感染者数、死者数、集中治療室(ICU)で療養中の症例数、実効再生産数(RT)などの主要指標が一貫して減少傾向にある。新規感染者数は、第39週の1週間あたり8万3,368人から第40週の6万2,722人へと23.6%減少。第40週のアクティブ感染者数は前週(第39週)比21%減の13万3,806人。第40週の死者数は前週比50.2%減の700人(1日平均100人)。第40週のICU療養者数は前週比9%減の778人で、呼吸補助が必要な人数は前週比11.2%減の331人。第40週のクラスター数も前週比21%減の79件。コロナ専用病床として通常病棟1万6,199床、ICU病棟1,514床が割り当てられているが、第40週はそのうち8,164床を使用しており、前週比で5%減少した。
同氏は、国民に対し、現状に満足するのではなく、ほんの少し前に感染者数が急増し経済や社会を麻痺させてしまったことを思い出し、そこから学ばなければならないと警鐘を鳴らした。すべての関係者が標準的運用手順(SOP)を遵守し、特に州間移動が可能になった後は、TRIIS(検査、報告、隔離、通知、探求)をベースにしたセルフ検査を強化することで、コロナ感染の連鎖を断ち切るべきだと強調した。
(ベルナマ通信、10月11日)



【日本留学経験者のご紹介から人事・労務のご相談まで弊社へお任せ下さい!】

スポンサードリンク