【クアラルンプール】 イスマイル・サブリ・ヤアコブ首相は、18日付けで首都圏クランバレーとマラッカ州が国家復興計画(NRP)の第3フェーズから第4フェーズに移行すると発表した。同時に、▽クランタン州▽ペラ州▽ペナン州▽ケダ州▽サバ州ーーは、同第2フェーズから第3フェーズに移行する。これにより第2フェーズ指定地域がなくなる。
標準的運用手順(SOP)についても変更が行なわれた。▽16日付けで全国の高速道路の休憩所の24時間運営可能・グラブなどの配車サービスで定員まで乗車可能(全フェーズ)▽17日付けでネットカフェの営業許可(第3フェーズでは定員の80%まで、第4フェーズでは定員の100%)▽18日付けで海外からマレーシアへの入国者および感染者の濃厚接触者の隔離期間を短縮。ワクチン接種完了者については7日間(事前申請により自宅隔離も可能)、未接種者あるいは1回のみ接種の場合は10日間の隔離となり、自宅隔離は不可(全フェーズ)▽18日付けでワクチン接種完了を条件にミーティング、報奨旅行、国際会議、展示会(MICE)業界の対面イベント開催が可能。ただし、会場の定員数の50%まで、開催前に新型コロナウイルス「Covid-19」のスクリーニング検査実施が必要(第3フェーズ)ーー。
また、18日付けで、国家元首、大臣・副大臣、国会議員、政府関係者などの公式訪問において、隔離期間を免除する実験プログラムを実施する。条件としては、▽事前申請▽ワクチン接種を完了▽渡航先が低リスク国▽帰国3日前および入国時にPCR検査を受けることーー。今後、対象をビジネス出張者にも広げていく予定だという。
(ザ・スター、10月16日、マレー・メイル、フリー・マレーシア・トゥデー、ニュー・ストレーツ・タイムズ、10月15日)



【日本留学経験者のご紹介から人事・労務のご相談まで弊社へお任せ下さい!】

スポンサードリンク