【クアラルンプール】 ハムザ・ザイヌディン内務相は17日、昨年の人口10万人あたりの犯罪件数は146件となり、予想されていた246件を大幅に下回ったと明らかにした。安全レベルも昨年は64.67%となり、2020年の60.6%から上昇した。
ハムザ大臣は同日、マレーシアの安全と秩序を守るために官民協力を促進することを目指した「キタ・ディミ・ネガラ(国家のための私たち)」キャンペーンを実施すると発表した。行動制限令(MCO)中も犯罪抑制のために取り締まりや国境警備、不法移民の摘発などの努力を続けてきたことが犯罪率の低下につながったと説明。犯罪率を下げ安全性を引き上げるためには、社会のすべての協力と包括的な戦略が必要だとした。
安全保障問題に取り組むため政府は、15歳以上の学生や非政府組織(NGO)のボランティアで構成する「サハバト・キタ・ディミ・ネガラ」を立ち上げた。すでに500人が登録しており、警察から射撃などの訓練などを受け、国の安全と秩序を守るために様々な活動を行うという。
内務省は、6月から2023年7月にかけて全国を巡回して「キタ・ディミ・ネガラ」キャンペーンの周知活動を実施する計画だ。
(ニュー・ストレーツ・タイムズ、ザ・スター、3月18日)



【日本留学経験者のご紹介から人事・労務のご相談まで弊社へお任せ下さい!】

スポンサードリンク