【クアラルンプール】 日野モータース・セールス・マレーシア(HMSM)は、アフターサービス強化を目指し、小型商用車(LCV)および中型商用車(MCV)を対象とした、1台10リンギから加入できるメンバーシップ・プログラムを開始した。
2017年以降の車種を対象に最大7年間、走行距離無制限の延長保証を提供する。加入条件として認定サービスセンターでの整備実績や推奨整備間隔での定期点検が求められる。保証範囲は、エンジン、トランスミッション、車軸、レッカーサービス(年間500リンギまで)。価格と保証内容に応じてスタンダード、スタンダードプラス、プレミアム、プレミアムプラスの4つのパッケージを用意する。メンバーシップ・プログラムの開始を記念して、9月30日まで加入料が最大で50%割引となるキャンペーンも実施している。
HMSMはまた、10台の冷凍トラックを貨物輸送のクァンタム・ロジスティックスに納車したと明らかにした。クァンタムとの取引は今回が初となるという。10台の内訳は、LCVの300シリーズXZC730が4台、500シリーズではMCVのGH8JR1Aが4台、プライム・ムーバーのSG2PE1Bが2台。クァンタムの商用車ドライバーは、ネグリ・センビラン州センダヤンにある日野トータルサポート・カスタマーセンター(HTSCC)で運転技術向上のための集中トレーニングも受講する。
(ザ・サン、5月16日)



【日本留学経験者のご紹介から人事・労務のご相談まで弊社へお任せ下さい!】

スポンサードリンク