【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 マレーシア航空(MAS)は8月14日付けで、クアラルンプール(KL)ー羽田線を新規就航すると発表した。KLー関西線、KLー成田線、コタキナバルー成田線を運航しており、日本路線は4路線目となる。

使用機材はエアバス「A330-300」。ビジネスクラスは27席で、エコノミークラスでは通常シート247席に加え、足元のスペースが広いエクストラレッグルーム・シート16席、計290席を用意した。

運航スケジュールは、MH36便は水、日曜日の運航で、KL発が14時45分、羽田着が22時35分。MH37便は、月、木曜日の運航で、羽田発0時25分、KL着が翌日6時15分。往復運賃は10万2,880円からとなる。

イザム・イスマイル最高経営責任者(CEO)は、アジアで3番目、世界でも4番目に利用客の多い羽田空港に乗り入れることで、新たなビジネス機会を掴むことができ、インバウンド旅行客による観光業界への相乗効果が期待できると述べた。



【日本留学経験者のご紹介から人事・労務のご相談まで弊社へお任せ下さい!】

スポンサードリンク