【クアラルンプール】 ブルームバーグの最新の調査結果によると、多くのエコノミストらは、マレーシアについて新型コロナウイルス(Covid-19)感染症拡大の影響を最も大きく受けた国であるものの、経済の回復速度の速さでもトップクラスと予想している。
来年の成長率に関する最新予測の平均値はマレーシアは5.65%となり、上方修正率は0.85ポイントとアジア太平洋諸国の中でトップとなった。2位のインドは0.80ポイントアップの6.7%。エコノミストたちは、ほとんどのアジア諸国の成長率予測を引き上げたが、タイとニュージーランドは0.2ポイント引き下げられ、インドネシアはほぼ横這いとなった。
マレーシアは、過去1カ月間に1日あたりの新規感染率が世界最高水準となり、政権交代も行なわれたが、当面の経済リスクはないとされている。今年第2四半期の国内総生産は、内需の復興と堅調な輸出に支えられ、16.1%の大幅なプラス成長となった。インドも新規感染者数は半年以上ぶりに落ち着きつつあり、需要拡大による世界最速の成長が見込まれている。
消費者物価動向に関する調査では、ニュージーランドが最も大きく修正され、来年のインフレ率予測は0.9%増の2.3%、シンガポールとオーストラリアも少なくとも0.4%増とされた。ニュージーランドでは移民申請の受付停止により労働力不足が生じており、賃金やインフレ率の上昇に影響しているという。
(ブルームバーグ、ザ・スター電子版、9月21日)



【日本留学経験者のご紹介から人事・労務のご相談まで弊社へお任せ下さい!】

スポンサードリンク