【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 保健省(MOH)は27日、新型コロナウイルス「Covid-19」の新規感染者数は1万959人だったと発表した。7月16日以来初めて1万1,000人を下回り、1万人台となった。累計感染者数は220万9,194人となった。
州・地域別の感染者数はサラワクが最も多く2,723人だった。それに▽ジョホール(1,226人)▽セランゴール(979人)▽クランタン(983人)▽ペナン(793人)▽サバ(751人)▽パハン(739人)
▽ペラ(713人)▽トレンガヌ(691人)▽ケダ(660人)▽マラッカ(346人)▽クアラルンプール(KL、176人)▽ネグリ・センビラン(110人)▽ペルリス(51人)▽プトラジャヤ(18人)ーーが続いた。ラブアンのみゼロだった。
26日の感染者数のうち、83.1%が自宅、11.0%が低リスク者用隔離・治療センター(PKRC)、5.3%が医療機関、残り0.6%が集中治療室(ICU)で療養中。2万971人が回復し、累計治癒者は198万9,509人となり、死者数は278人で、累計で2万5,437人だった。アクティブ感染者は、前日から8,145人減少し、18万3,289人となった。
また同日は新たに12カ所のクラスターを確認。職場で6カ所、コミュニティで6カ所でクラスターが発生した。州・地域別ではセランゴールとジョホールがそれぞれ3カ所で最も多かった。



【日本留学経験者のご紹介から人事・労務のご相談まで弊社へお任せ下さい!】

スポンサードリンク