【クアラルンプール】 ブルサ・マレーシア(マレーシア証券取引所)は、2022年第1四半期の新規株式公開(IPO)資金調達額で東南アジア諸国連合(ASEAN)中トップとなった。英系コンサルティング企業アーンスト&ヤング(EY)が明らかにした。
ブルサのIPO件数は5件、調達額は3億6,200万米ドル。インドネシア証券取引所(IDX)はそれぞれ12件、2億1,900万米ドルだった。ASEAN全体ではIPO件数は前年同期の22件から29件に増加したが、調達額は前年同期の24億米ドルから58%減の10億米ドルにとどまった。EYによると、昨年には巨額のIPOが1件あったが、今年はなかったためだという。また、地政学的緊張、新型コロナウイルス「Covid-19」感染拡大状況、サプライチェーン問題、金融引き締め政策、コスト上昇などがASEANの経済およびIPO活動に影響しており、さらなる成長のためには不確実性や変動リスクを和らげる必要があるとしている。
世界のIPO市場も低調で、IPO件数は前年同期比37%減の321件、調達額は同51%減の544億米ドルだった。一方、アジア太平洋地域のIPO件数は188件で、調達額は過去21年間で最高だった前年同期をさらに上回り、前年同期比19%増の427億米ドルを達成し、世界全体の78%を占めた。巨額IPOが4件あったことが奏功した。
(ベルナマ通信、4月13日)



【日本留学経験者のご紹介から人事・労務のご相談まで弊社へお任せ下さい!】

スポンサードリンク