【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 電子商取引プラットフォームのショッピーの日本法人であるショッピージャパン(本社・東京都港区)は21日、マレーシア最大の祝日「ハリラヤ」前の「ラマダン」期間ショッピングトレンドを発表した。
伝統的な衣服や食品の関連キーワードは、2020年の同時期と比較すると、2021年はそれぞれ433%増の33万件、335%増の25万3,603件と検索ボリュームが大幅に増加した。
「ラマダン」は、イスラム教の新年にあたる「ハリラヤ」の準備が始まる時期。テクノロジーの進化と新型コロナウイルス「Covid-19」の影響により、この3年間で「ラマダン」期間のショッピングはますますデジタル化され、マレーシアでは、「ハリラヤ」の必需品をShopeeで購入する人が増えた。「ハリラヤ」は家族が集まって写真撮影を行うタイミングでもあり、多くが写真撮影にベストな状態を保つために、BBクリームやコンシーラーなどの化粧品をShopeeで購入。Shopeeで「ファンデーション」というキーワードは2020年のラマダン期間中に9万回以上検索され、約2万8,000回検索された2019年と比較して大幅に増加した。2021年の同じ期間には19万7,000回以上までキーワード検索が増加したという。
ホーム・リビングの売れ筋トップ3は「容器」、「枕」、「テーブルクロス」。家電が「フードプロセッサー」、「エアフライヤー」、「ポータブルジューサー」。ヘルスケア・ビューティーが「フェイシャルマスク」、「BBクリーム・ファンデーション」、「コンシーラー」。自動車部品が「タイヤバルブ」、「タイヤマーカーぺン」、「ホイールナット」となった。



【日本留学経験者のご紹介から人事・労務のご相談まで弊社へお任せ下さい!】

スポンサードリンク