【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 三菱モータース・マレーシア(MMM)は、自動車の市場総需要量(TIV)が6.7%減少したが、同社2021会計年度(2021年4月ー2022年3月)の販売台数は、前年比66%増加し1万9,217台となったと発表した。
最も販売台数が多かったのは、ピックアップトラックの「トライトン」で、9,420台となり、前年比で24%増加した。また7人乗りのクロスオーバーMPV(多目的車)の「エクスパンダー」も好調で、9,065台を販売。同社の総販売台数の47.2%を占め、2021年の非国民車MPVの販売台数でトップとなった。
池田真也 最高経営責任者(CEO)は、過去2年間は新型コロナウイルス「Covid-19」の影響を受けた上、首都圏クランバレーや東海岸で洪水が起き、半導体や部品の供給不足などが起きたことで、自動車業界にとっては非常に厳しい時期だったと言明。そんな中で販売台数が増加したことは大きな功績だとし、2022年も勢いを維持し前進し続けると述べた。また6月末までとなっている売上税(SST)減免措置にも触れ、期間が終わるまでに納車できるように最善を尽くしていると説明。高い品質を維持しながら増産を行っていると述べた。



【日本留学経験者のご紹介から人事・労務のご相談まで弊社へお任せ下さい!】

スポンサードリンク