【クアラルンプール】 クアラルンプール(KL)市内の無料バス・サービス「ゴーKL」は、11月1日より電気バスへの切り替えを開始する。ワングサマジュ地区からスタートし、2023年初頭までに現行のディーゼルエンジンバスを完全に置き換える。
クアラルンプール市役所(DBKL)が進めるKL低炭素都市化計画の一環として、2022年初頭から追加車両を投入、最終的には合計60台の電気バスを運行するようになる。これに伴い、車体の色も現行の紫から緑へと変更する。電気バスは、国内メーカーのSKSコーチビルダーズが製造。乗車定員は31名(着席21名、立席10名)、最高速度は70キロメートル/時、蓄電容量は299キロワット時で、バス後部の8つのリチウムイオンバッテリーから給電される。1回の充電で最長250キロメートルの走行が可能。充電時間はバッテリーの空きにより1.5時間ー3時間程度となり、通常は夜間に充電を行う。
電気バスへの移行に伴い、既存の4路線(ラストマイル)と5つの支線(ファーストマイル)に加え、11月1日から新しく2つの支線も追加する。13.8キロメートルの「パロット・グリーン・ライン」は首都圏大量高速輸送(MRT)マルリ駅からスリ・ペルマイスリ地区まで、16.7キロメートルの「グレー・ライン」はMRTコクラン駅からトゥン・ラザク地区までを結ぶ。
(ベルナマ通信、ポールタン、10月28日)



【日本留学経験者のご紹介から人事・労務のご相談まで弊社へお任せ下さい!】

スポンサードリンク