【クアラルンプール】 マレーシアの第3四半期の国内総生産(GDP)成長率が大方の予想を下回るマイナス4.5%だったとことをうけ、アナリストらの間で新型コロナウイルス「Covid-19」で打撃を受けた経済の回復のスピードが予想より遅いとの見方が広がっている。
MIDFリサーチは、第4四半期には経済が再び上向く見通しだが、実体経済の回復がより緩やかとなっているようだとして通年の成長予想をプラス4.6%から3.7%に下方修正した。
第3四半期の大方の予想はマイナス1.3%で、MIDFはマイナス3.0%とやや悲観的な予想を示していたがそれも下回った。MIDFは3度目の行動制限令(MCO3.0)が長引いた影響が予想より大きかったと指摘。非必需産業の閉鎖、人の移動の制限を受けて個人消費と事業活動が冷え込んだことが響いたと分析した。
OCBCバンクは、第3四半期の大幅マイナス成長を受けてプラス3.6%としていた当初の通年経済成長予想を3.2%に下方修正。ただ経済・社会活動が開放に向かいワクチン接種率が全人口の76%に達していることから経済は回復傾向にあるとし、来年についてはベース効果も含めてプラス4.3%としていた従来予想を5%に引き上げた。
バンク・イスラムは、第3四半期のGDPが4.5%マイナスとなったことについて国内経済が行動制限などの手段による人間の移動の制限に対して非常に脆弱であることを示唆していると指摘。ただ第4四半期はプラス2 3%成長が予想されることから、政府が掲げている通年目標の3 4%は達成できるとの見方を示した。
(ニュー・ストレーツ・タイムズ、マレーシアン・リザーブ、11月15日、ボルネオ・ポスト、11月14日)



【日本留学経験者のご紹介から人事・労務のご相談まで弊社へお任せ下さい!】

スポンサードリンク