【クアラルンプール】 首相府は24日、29日より開始されるシンガポールとの「ワクチン接種完了者向けトラベル・レーン(VTL)」について、VTL-LAND(陸路VTL)は「バス移動のみ、1日1,500人限定」という形でスタートすると発表した。
他の交通手段は段階的に加えられ、人数も1週間ごとに増員する。陸路VTLの対象となるのはマレーシア、シンガポールの国民および永住権保持者、あるいはマレーシアおよびシンガポールの長期滞在パスの保有者で、ワクチン接種を完了していることが条件となる。指定バスの乗降場所は、マレーシア側はラーキン・セントラル・バスターミナル、シンガポール側はクイーン・ストリート・ターミナル。
陸路VTLを利用してシンガポールからマレーシアに入国する場合、マイセーフトラベル( https://mysafetravel.gov.my/ )、マレーシアからシンガポールに入国する場合、セーフトラベル( https://go.gov.sg/vtl-portal )に登録する必要がある。さらなる詳細は、通産省(MITI)サイト(https://www.miti.gov.my/から確認できる。
VTLはワクチン接種を完了した者を対象に隔離なしで双方の出入国を認める制度で、シンガポールとの間で空路・陸路ともに実施すると発表されていた。インドネシアとの間でも2022年初めまでにVTLを開始することで合意している。
(フリー・マレーシア・トゥデー、エッジ、ザ・スター、11月24日)



【日本留学経験者のご紹介から人事・労務のご相談まで弊社へお任せ下さい!】

スポンサードリンク