【クアラルンプール】 イスマイル・サブリ・ヤアコブ首相は、2019年は5.6%だった絶対的貧困率が2020年には8.4%に上昇したと明らかにした。
「2021年国際社会福祉会議(ISWC2021)」の開幕式で演説を行ったイスマイル首相は、2019年に10.3%だった相対的貧困率も2020年には16.9%に上昇し、平均月収も7,901リンギから7,089リンギに減少したと言明。2019年の極貧困層は0.4%で2万7,200世帯だったが、2020年には1.0%に上昇し7万8,000世帯に増加したと見られると述べた。また中間所得層「M40」世帯の20%が低所得者層「B40」世帯に陥り、高所得者層「T20」の12.8%が「M40」入りしたと公表。貧困率の上昇を食い止めるためには、国民の声を考慮した政策を策定しなくてはならないと述べた。
イスマイル首相は、革新的な社会的保護ソリューションが必要だとし、官民が協力しなくてはならないと強調。特に非公式労働者や主婦などの保護や権利を迅速に保障する必要があるとし、「クルアガ・マレーシア(マレーシア家族)」精神に則った協力が必要だと述べた。
(マレーシアン・リザーブ、11月23日)



【日本留学経験者のご紹介から人事・労務のご相談まで弊社へお任せ下さい!】

スポンサードリンク