【クアラルンプール】 ヒシャムディン・フセイン上級相(兼国防相)は、8日付けでペルリス州、ケダ州、ペナン州、ペラ州、サバ州が国家復興計画(NRP)の第3フェーズから第4フェーズに移行すると発表した。第3フェーズはサラワク州とクランタン州のみとなった。
ヒシャムディン大臣によると、保険省と国家安全保障委員会(MKN)がリスク評価を実施し、第4フェーズに移行することを決定した。最新の標準的運用手順(SOP)については、ウェブサイト(www.mkn.gov.my)で公開している。
またヒシャムディン大臣は、8日付でワクチン接種完了者に対して、スタジアムやスポーツ施設でのスポーツ観戦を認めると発表。しかし施設内での飲食については引き続き禁止すると述べた。
一方で国外からの旅行者の隔離や検疫所については、これまでホテルが運営していたが、私営の隔離・検疫所が5日付で承認されたと言明。7日後からマレーシア国家災害管理庁(NADMA)が定めたガイドラインの下で、運営を開始すると述べた。
(ニュー・ストレーツ・タイムズ、11月6日、エッジ、11月5日)

 



【日本留学経験者のご紹介から人事・労務のご相談まで弊社へお任せ下さい!】

スポンサードリンク