【ペタリンジャヤ】 ニューヨーク・タイムズ紙の新型コロナウイルス「Covid-19」ワクチン接種トラッカーによると、8日時点でマレーシアは全人口の77%がワクチン接種を完了しており、ワクチン接種率では世界第10位にランクインしている。
ワクチン接種率世界第1位はアラブ首長国連邦で、人口の89%が接種済。次いで、▽ポルトガル(87%)▽マルタ(85%)▽シンガポール(82%)▽チリ(81%)▽カンボジア(80%)▽スペイン(79%)▽カタール(78%)▽アイスランド(77%)ーーが続いている。他の主要国の順位は▽韓国(12位)▽日本(18位)▽イギリス(26位)▽オーストラリア(28位)▽米国(55位)ーー。
マレーシアでは、2月24日に全国ワクチン接種プログラムを開始、医療従事者や最前線で働く治安維持関係者から接種が始まった。
(ザ・スター、ザ・サン電子版、11月8日)



【日本留学経験者のご紹介から人事・労務のご相談まで弊社へお任せ下さい!】

スポンサードリンク