【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 中央銀行バンク・ネガラ・マレーシア(BNM)は12日、2021年第3四半期(7ー9月)の国内総生産(GDP)成長率が前年同期比マイナス4.5%に落ち込んだと発表した。新型コロナウイルス「Covid-19」抑え込みのために6月に再導入されたロックダウンが首都圏クランバレーなどで長引いたことから、前期のプラス16.1%から一転して大幅なマイナス成長となった。
製造、サービス、建設、鉱業、農業の全てのセクターでマイナス成長となった。経済の牽引役である製造は前期のプラス26.6%からマイナス0.8%に、サービスはプラス13.5%からマイナス4.9%にそれぞれ落ち込んだ。製造は必需品以外の製造活動に対する制限が影響、サービスは消費活動の低迷が影響した。
前期にプラス13.9%だった鉱業は、マイナス3.6%となった。施設メンテナンス閉鎖による原油減産と天然ガスの生産量の減少が響いた。また前期に40.3%の大幅成長となった建設は、建設工事にかかわる稼働制限により、一転して20.6%の大幅マイナスに転落した。前期でマイナス1.5%だった農業も労働力不足による生産減少が響いてマイナス1.9%にさらに落ち込んだ
国内需要はプラス12.4%だった前期から一転してマイナス4.1%となった。GDP全体の61.0%に貢献する民間消費も前期のプラス11.7%からマイナス4.2%に大幅ダウンとなった。前期はプラス17.4%だった民間投資もマイナス4.8%に落ち込んだ。
公共支出は前期のプラス9.0%からプラス8.1%に下降。プラス12.0%だった公共投資はマイナス28.9%に落ち込んだ。モノとサービスの輸出は、プラス37.4%だった前期からプラス5.1%に、プラス37.6%だった輸入もプラス11.7%にダウンした。
中銀のノル・シャムシア総裁は、新型コロナの封じ込め策の緩和による経済活動の正常化に伴い、第4四半期には経済成長の改善が見込まれると指摘。ワクチン接種完了者に対する州を跨いだ移動の許可といった制限緩和措置が観光セクターの改善や世界的に堅調な需要が輸出を下支えするとして今年通年のGDPはプラス3.0ー4.0%の軌道に乗っているとした。
また2022年については、高いワクチン接種率、経済活動の再開、労働市場のさらなる改善、継続的な政策支援、外需拡大を考慮するとマレーシアの成長軌道は改善するという予想に基づき、経済成長が加速するとの見通しを表明。そのためにワクチン接種の進捗とその効果、標準的運用手順(SOP)の遵守、新たな変異株(VOC)の拡大を効果的に封じ込める能力が回復の鍵となると指摘した。



【日本留学経験者のご紹介から人事・労務のご相談まで弊社へお任せ下さい!】

スポンサードリンク